ジェネリックは、こんな病気にも使える!

ジェネリック医薬品の種類は、実は数多くあります。

ジェネリック医薬品メーカーの努力の賜物?!…ですかね(笑)。

高血圧や糖尿病といった、長期的にお薬を必要とする生活習慣病のお薬も、ジェネリック医薬品があるんですよ。


生活習慣病も薬代はかなりかかりますから、ジェネリック医薬品に変えるだけで、かなりの医療費削減ができますが、実はジェネリック医薬品には抗がん剤もあるんです!

これって、すごくないですか!


がんという病気。その病気に罹っただけでも精神的な負担はかなりのものですが、実際問題、がんとの闘病というのは経済的な闘いでもあります。

長期的な入院、治療、薬代…。

がん患者を抱えた家族の経済的な負担は、本当に大変なものです。


そこで、抗がん剤をジェネリック医薬品にできたら…。

間違いなく、かなりの薬代を軽減することができます。

抗がん剤での治療も、かなり長期的なものになりますからね。

ジェネリック医薬品はそういう意味では、がんとの闘病をほんの少しだけ、明るいものにしてくれているのかもしれません。


生活習慣病のジェネリック医薬品があることは知っていても、抗がん剤のジェネリック医薬品があることは、あまり知られていない気がします。

がんはいつ誰がなってもおかしくない現代病。抗がん剤のジェネリック医薬品の存在を知っておいて、損はないのかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120245115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。