ジェネリック医薬品とは何なのか?

ジェネリックという言葉、最近では知っている人のほうが多いのでは?

ジェネリック医薬品のメーカーのCMなんかをテレビで見る機会も増えましたものね。

でも、ジェネリックという言葉は知らず知らずに記憶しているものの、ジェネリック医薬品が一体何なのか知らないという人も多いようです。


ジェネリックと簡単に呼ばれることが多いですが、正しくはジェネリック医薬品と言います。

このジェネリック医薬品は後発医薬品のことで、いわゆる新薬と同じ成分や効き目を持ちながら、新薬よりもかなり安く手に入れることができるお薬なんです。


なぜ新薬と同じなのにジェネリック医薬品だと安くなるのか?!

実は、ジェネリック医薬品は、お薬の開発費用が新薬に比べてあまりかからないで済むため、結果、ジェネリック医薬品は新薬よりもコストダウンするというわけです。

それがジェネリック医薬品の安さの秘密なんですね〜。


ちなみにジェネリック医薬品は、医療用医薬品です。

つまり、病院でお医者さんに処方してもらうお薬というわけですね。

全てのお薬にジェネリック医薬品があるわけではないですが、病院にかかる機会があったときには、ジェネリック医薬品に出来るかどうか確認してみる習慣をつけると断然お得!…になるかもしれませんね(笑)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。