ジェネリック医薬品は、怖くない!

ジェネリック医薬品…もうご存知ですよね?

普通のお薬と同じ成分なのに、かなり安価であるというお薬。

でも、安いという魅力的なメリットがありながら、ジェネリックの普及率はイマイチ。

ん〜、不思議な話ですよねぇ。


ジェネリック医薬品は先発医薬品と同等の成分を使ってはいますが、本当に先発医薬品と同じ効果が得られるのか、副作用などの心配はないのかなど、お医者さんにしても患者さんにしても不安に思う点があるようです。

それが、ジェネリックの普及率を下げている一因と言えるかもしれません。


でも、ジェネリック医薬品は安全です…安全なはずなんです!

続きを読む

ジェネリックは、こんな病気にも使える!

ジェネリック医薬品の種類は、実は数多くあります。

ジェネリック医薬品メーカーの努力の賜物?!…ですかね(笑)。

高血圧や糖尿病といった、長期的にお薬を必要とする生活習慣病のお薬も、ジェネリック医薬品があるんですよ。


生活習慣病も薬代はかなりかかりますから、ジェネリック医薬品に変えるだけで、かなりの医療費削減ができますが、実はジェネリック医薬品には抗がん剤もあるんです!

これって、すごくないですか!


続きを読む

ジェネリックの問題点を考える

ジェネリック医薬品といえば、先発医薬品と同等の成分でありながら、値段が安く入手できるという、まさに庶民の味方(笑)。

しかしながら、ジェネリックの普及率は、ジェネリック医薬品のCMがこんなにも増えた現在でも、イマイチのようです。


果たして、ジェネリックの問題点はどこにあるのか?!

私なりに考えてみたわけです。

別に薬に詳しいわけでもない、病院関係者でもない、ジェネリック業界に詳しいわけでもない、ただの一般人の私が思うジェネリックの問題点、それは…。


まずジェネリックの問題点だと思うのは、「ジェネリック=安い薬」であることはわかるけれど、どの病気にジェネリックが使えるのかがわからない。

自分が病気になったとき、果たしてジェネリック医薬品に出来るのか否か?!

続きを読む

ジェネリックの個人輸入ってどうよ?

ジェネリック医薬品のCMを目にする機会が増え、ジェネリック医薬品が世間一般に広く知られるようになり、ジェネリック医薬品メーカーも増えた昨今、ジェネリックの個人輸入代行をしている業者も増えているようですね。


ジェネリックの輸入…果たしてどれぐらいの人が利用しているんでしょう?

ジェネリックを使用すれば、薬代はかなり軽減されます。

それは事実です。でも、ジェネリック医薬品はあくまでもお薬。

病院でジェネリックにしてもらうのはまだしも、ジェネリックの輸入って…どうなんでしょう?!


もちろん、ちゃんとした海外のジェネリック企業から、きちんとしたルートで正規品のジェネリック医薬品を輸入してくれる業者も多いとは思います。

ジェネリック輸入で知られているアイジェネリックストアなんかはそうですよね。

続きを読む

ジェネリック医薬品とは何なのか?

ジェネリックという言葉、最近では知っている人のほうが多いのでは?

ジェネリック医薬品のメーカーのCMなんかをテレビで見る機会も増えましたものね。

でも、ジェネリックという言葉は知らず知らずに記憶しているものの、ジェネリック医薬品が一体何なのか知らないという人も多いようです。


ジェネリックと簡単に呼ばれることが多いですが、正しくはジェネリック医薬品と言います。

このジェネリック医薬品は後発医薬品のことで、いわゆる新薬と同じ成分や効き目を持ちながら、新薬よりもかなり安く手に入れることができるお薬なんです。


なぜ新薬と同じなのにジェネリック医薬品だと安くなるのか?!

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。